キャッシングコラム

「命の次に大事なお金」

「命の次に大事なお金」
時としてこのような表現が用いられます。
悲しいかな、この世の中、何をするにもお金が必要になってきます。

 

そのために、私達は働いて収入を得ています。
しかし、長い人生の中では、思いもかけない事態に遭遇します。
いくら注意していても、お金に不足することがあるのです。

 

計画的に貯金を行っている方でも、
自分でも想像しないことで、
まとまったお金が必要になることもあり得るのです。

 

手元にお金がないと、何とかして借りる方法を考えなくてはいけません。
借り入れの方法は、人それぞれにより多くの手段が考えられます。

 

身近な親や知り合いに頼み込むことも、当然有効な手段です。
しかし、お金の問題は時として、複雑な問題を引き起こすことがあります。

 

万が一なんらかの問題が生じてしまうと、
人間関係に修復不可能のダメージをあたえてしまうこともあります。

 

そこで、金融機関からの借り入れを考えてみましょう。

 

金融機関は、商売でお金を貸していますので、
誰にも迷惑をかけることはありません。

 

すべて自分自身の問題として解決できますので、
人間関係に悩むことはないでしょう。

 

その分、金融機関でお金を借りると、「金利」を支払う必要があります。

 

商売でお金を貸している以上、
ただで貸していたのでは利益が生まれないのです。

 

「金利」とは、貸し手側に対する手数料ですので、
納得したうえで支払う必要があります。

 

また、万が一返済ができなくなってしまうと、
金融機関側としても、回収を図っていくことになります。

 

場合によっては給料が差し押さえられたり、
自宅が競売にかかってしまうこともあるでしょう。

 

知り合いからお金を借りた場合には、少しは融通がきくかもしれませんが、
金融機関からの借りいれでは非常にシビアに回収が進んでいきます。

 

そこで注意することは、やはりお金を借りる場合の計画性でしょう。

 

まず、必要な額以上のお金を借りないこと。

 

そして自分の返済能力をきちんと見極めたうえで、無理のない返済計画を立てること。

 

そのことさえ心がけておけば、借り入れは非常に有効的に働いてくれるはずです。

 

金融機関からの借り入れも様々なスタイルがあります。

 

まずは、借りいれ先。
銀行、消費者金融、信販会社、それぞれに規模も違えば商品内容も異なります。

 

借りることのできる金額、金利、返済期間、返済方法……

 

様々な要因がありますので、商品内容をしっかりと確認することが大切です。

 

商品内容を確認するには、ある程度の知識も必要になってくるでしょう。

 

金利の計算方法、返済方法、申込方法など、
利用するうえでの必要最低限の知識は勉強しておかなくてはいけません。

 

むやみやたらに無知識で借り入れを行うと、
思いもかけない落とし穴にはまるかもしれません。

 

ここからは、こんな金融機関からの借り入れ、
特に無担保融資についての勉強を行っていきましょう。